Page 3 of 5

お風呂でも勉強できる!お風呂時間の利用法

お風呂に入るのが好き、という人は多いかもしれません。手軽に済ませたいならシャワーを使うことになるでしょうけど、しっかりと温まりたいなら湯船につかるのが一番いい方法です。

「お風呂に入っている時が一番幸せ」という女性の方(男性も)は実は多数派なのではないでしょうか。さて、そんな長風呂をしているとき、あなたは何をしますが?ぼんやりと考え事をしたり、寝てみたり(危ないのであまりお勧めはできませんが)、本を読んだり…案外、お風呂の中でできることってたくさんあるものです。

基本的には、お風呂はくつろぎの時間であってほしいと私は思うので、無理には勧めませんが、試験が近くなったら、お風呂の中でも勉強してみてはいかがでしょうか。「風呂で勉強?そんなことできるの?」と思うかもしれません。これが案外できてしまうのです。では、どんな風にしてやってみればいいのでしょうか。方法をいくつかご紹介します。

・テキストをコピーして、クリアファイルに入れる。そのテキストを音読する。
これはお金もそんなにかけずにできる方法です。方法を説明するまでもないですが、テキストの必要な部分をコピーします。そのコピーした紙をクリアファイルに入れ、お風呂に持ち込みます。

お風呂のふたを半分開けた状態でお風呂に入り、クリアファイルを片手にテキストを音読してください。お風呂では声が響くので、ついつい歌を歌いたくなってしまうかもしれませんが、それもご愛嬌ということで。

・防水対応の単語帳を使う。
語学系の資格を目指していて、覚える単語がたくさんあるときに使ってほしい技です。大きな文房具店やバラエティショップに行くと、防水加工がなされた紙で作られた単語帳を買うことができます。

それに油性のボールペン(ここが重要です。水性のボールペンだと流れます。)で単語と意味を書いて単語帳を作りましょう。そして、お風呂の中でそれを復習するのです。数百円で買うことができるので、試す価値は十分にある勉強法だと思います。

・スマートフォンのアプリを使う。
最近ではスマートフォン(スマホ)を使う人も増えてきました。そこで、スマホのアプリを使って勉強している人も多いのではないかと思います。アプリによっては自分の正解率や弱い分野を分析できる性能の優れたものがあるので、勉強に活用しない手はありません。このスマホアプリを使うのは通勤電車の中など、隙間時間をうまく使うことで活かされる気がしますが、お風呂でも思い切って使ってしまいましょう!しかし、当たり前のことですが、そのまま使ったらスマホは間違いなく壊れます。

そこで、家電量販店などで売っている「スマホ用の防水カバー」を使ってください。これを使えば、お風呂の中でも問題なくスマホが使えます。とはいっても、浴槽の中に落とさないように気を付ける必要はありますが。長風呂になるときは、「一気にいろいろ復習できる」と時間を有効活用するのにも便利でしょう。

インプットとアウトプットのバランスが大事!問題演習の必要性

考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、試験は「問題を解いてその結果を評価してもらう」ものです。つまり、「問題が解けなければ、点数にはならない」ということですね。

しつこいけど、当たり前のことです。しかし、勉強において最初からそれを意識してやっているかどうかで、試験に合格するかが大きく異なってくるということはご存じでしょうか。これ、結構大事な点なので、思い当たる節がある人は要注意です。

どういうことかというと、例を用いて説明しましょう。これを読んでいるのは大人の方がほとんどだと思うのですが、小学生の時、算数の勉強はどうやっていましたか?まずは、先生から問題の解き方を教えてもらいますよね。

その後、何度も繰り返し問題を解くことで、自然と身について行ったのではないかと思います。つまり、「実際に手を動かして問題を解くこと」が重要なのであり、ただ、「問題の解き方や必要な知識を聞く」だけでは不十分なのです。

いかに、「問題を解けるようになること=アウトプットすること」が大事か、お分かりいただけたでしょうか。しかし、こういう簡単なことほど忘れてしまい狩りなもの。資格の勉強をしていると、「知識を吸収すること=インプット」ばかりをしている人を見かけます。

私は何も、「インプットは大事ではない」と言っているわけではありません。当たり前、という言葉ばかり使っていますが、参考書を読んだり、講義を聴いたりして、知識を自分の中に蓄えておくことはとても大事です。

知識がなければ問題を解くことができないのですから、それは当然といえるでしょう。しかし、「自分はまだまだ知識が足りないから」とアウトプットのトレーニングをすることを恐れないでほしいのです。

自分が本当に知識を身に着けているか、ということを判断できるのは、「問題が解けるか」という側面にくっきりと現れます。知識が身についていれば問題は解けるし、そうでなければ解けません。

そして、それは「問題を解いて間違える」という側面でしか把握することができないのです。長く生きていれば、仕事や学業の中で、いろいろな知識を吸収します。その地市区が資格の勉強に役立つこともあります。

「あれ、これは別の資格の勉強のときの知識で解けるな」という問題もたまにあります。そういう発見は実際に問題を解いてみることでしかできないのです。また、知識がない状態で解いても、無駄ということはありません。

「ああ、こういう知識を入れていけば一歩ずつ合格に近づいていくんだな」と実感することができればしめたものです。知識を吸収するだけの勉強は、資格試験に合格する、という意味ではあまり役に立ちません。

それだったら、何度躓いてもいいから、アウトプットを意識して勉強していったほうが、資格試験には合格しやすい勉強法といえるでしょう。練習で間違えるのは恥でも何でもありません。

どうか、どんどん躓いて、自分に足りないものを吸収し、また躓いて、ということを繰り返してください。どんな勉強法よりも、地道な努力が最後には笑うきっかけになるのですから。

朝の時間を活用しよう!朝勉強は効果的

これは人によっても大きく異なるので、一概には言えませんが、朝、早く起きることができると気分がよくありませんか?ちゃんと眠れた時だと、「これから仕事をするから頑張るぞ」という気分になれますよね。

ただし、眠れなかった時の朝ほどつらいものはないですが…。そのことを利用してか、最近。「朝活」というものが流行っていることはご存知ですか?朝、何人かで集まって朝ごはんを食べながら勉強会をするとか、聞いたことありますよね。

なぜこういうことをするかというと、それだけ「朝に勉強をする」というのは効果的だからです。なぜ効果的なのか考えてみましょう。細かいことまで挙げれば理由は様々ですが、大まかに言えば、以下のような理由が挙げられます。

・仕事前に勉強ができる。
社会人の人ならわかると思うのですが、「仕事が終わってから勉強しよう」と考えていると、案外できないものです。突発的な仕事が入って残業しなければいけなかったり、付き合いで飲みにいかなければいけなかったり。

飲みの誘いなんて断ればいい、と思うかもしれませんが、頻繁にそれをやっていると、「こいつは付き合いの悪い奴だ」とみなされて、人間関係が悪くなる原因になりかねません。飲みも勉強も両立するなら、朝勉強が効果的です。

・疲れていないので集中力が高まった状態でできる。
朝に勉強ができるコンディションであるということは、ちゃんと夜眠れて脳をしっかり休めた状態であるということです。このような状態で勉強すれば、知識が定着しやすいのもお分かりいただけるでしょう。

仕事が終わって勉強する、というのは案外ハードなものです。多かれ少なかれ、仕事は頭を使うものなので、終わった後の脳にはとんでもないダメージが加わっています。「もう疲れて勉強無理」となる前にやる、というのが朝勉強です。

一方で、こんな欠点もあります。
・必ずしもすべての人が朝型生活をできるとは限らない。
仕事によっては夜勤があったり、不規則な勤務時間だったり、と朝に必ずしも時間が取れるわけではないということもあり得ます。そういう人にまで朝型生活をしろ、というのは酷です。

また、体質的に低血圧など、「どうしても自分は朝起きることがつらいし、集中力が発揮できるとは思えない」という人もいます。そういう人は無理して朝に時間を取って勉強することはないでしょう。

・朝に時間をさける生活をしていない。
女性の方で、自分やご家族の朝ごはんを用意しないといけないなど、朝は何かと準備が多くて大変、という人もいます。そういう人にも朝、勉強しろとは言えません。あくまで勉強は無理ない範囲で行うのが基本です。

今までの話を総合すると、朝に勉強するというのは、確かに資格試験の勉強法としては効果的です。しかし、ライフスタイルの問題などから、それができない人もいます。朝勉強しなければ合格できない、というわけではありません。

あくまで、「自分自身の生活の中で勉強に割くことができる時間はいつなのか」ということを考え、「朝がベスト」と思った人にはやってほしい、というだけのことです。無理なく、続けることができるのが勉強法の基本ですから。

できなかった原因を見極める!間違いノートのすすめ

私は習い事で空手をやっています。空手の練習をしていて思うのは、「どこが間違いかわからないと、自分の実力はどうやっても伸びない」ということです。たとえば、立ち方が悪いのならそこから矯正しないといけませんし、ほかのことが理由なら、その部分をどうにかしないといけないのはいうまでもありません。

このことは勉強にも言えることです。残酷な言い方ですが、「間違いに目を向けないと成績は絶対に伸びません」ということを最初に言っておきたいと思います。間違い、というのは原因が何であれ、「このことが原因で点数がとれていない」というシグナルですから、ちゃんと見つめないといけません。

自分にとって痛いところをついているようなものなので、勉強を始めたころは間違いノートを作るのも嫌になるかもしれません。でも、それを我慢して作り、日々の勉強に役立てていけば、必ずあなたの成績は伸びていきます。それでは、まず、間違いノートの作り方から簡単に解説したいと思います。

まず、ノートを一冊用意してください。そこに、「日付、使った参考書や問題集、ページ数、間違えた問題の大まかな内容」を書いてください。そして、それを見て「なぜ、自分はここでこの問題を間違えたのだろう?」と分析してほしいのです。具体例がないと難しいと思うので、簿記を例にとって説明しましょう。

簿記の場合、間違える原因としては「勘定科目の選択ミス」「勘定科目の表記ミス」「電卓の操作ミス」「数字の転記ミス」「数字を書く場所のミス」などが考えられます。そのうちのどれに当てはまるのか、考えてみるのです。そして、次にやってほしいことは、「ミスの原因を探ること」。

ミスをした場合、「…ミスしてしまった」と落ち込むのはいいのですが、それだけではなく、「どうしてこんなミスをしてしまったのか」ということを冷静に考えましょう。そういうことを続けていると、だんだんと「自分のミスの傾向」が見えてくると思います。

「知識がないからミスをするのか」「冷静さがないからミスをするのか」など、おおよその原因が見えてくると思うのです。原因がわかればあとは簡単です。先ほど出した簿記の例でいえば、「勘定科目の表記ミス」だったら漢字の書き取りをすればいいし、「電卓の操作ミス」だったら、電卓の扱いに習熟するように頑張ればいいのです。

自分に欠けているものが何か、ということを見つめてこそ、自分をもっと高めることができるのではないでしょうか。それでも、中には「ミスを認めると落ち込むからあんまり間違いノートは作りたくない」というプライドの高い方もいると思います。確かに、自分の間違いを認めるって本当に勇気がいります。

場合によっては嫌な気分になることもあるでしょう。でも、あなたが勉強するのは何のためですか?試験に合格するためですよね。一時のプライドのために、未来の合格を手放してしまうようなことがあったら、それはそれで本末転倒だと思いませんか?