Page 2 of 5

目指せ高得点!TOEICで点数を上げる方法

皆さんはこんな話を聞いたことがありあませんか?「世の中にはTOEICの点数次第で昇進や海外赴任が決まってしまう会社があるらしい。すごいところになると、入社の条件として一定のスコアを取っていないと相手にもされないらしい」と。

英語が不得意な人にとっては耳の痛い話かもしれませんが、実際にこういうことがあるのです。では、「そのTOEICとやらで高い点数を取るコツや方法は無いのか」と誰もが思うところでしょう。実はあるんです。

そこでここでは、TOEICという試験の概要と、実際に高得点を取るにはどうしたらいいか、ということをまとめてお話したいと思います。詠み終わったら、「自分もちょっとがんばってみよう」と思ってくれるとうれしいです。

・そもそも、TOEICはどんな試験?
一言で言えば「英語圏の国に住む人以外が受験する、英語でのコミュニケーション能力を測るためのテスト」ということです。つまり、普段英語を話さない人が、どれだけ英語でコミュニケーションをとることができるか、という指標になります。

このテストには、世界中のさまざまな国で行われています。さて、日本の受験者の平均得点はどのくらいか、わかりますか?TOEICを運営する団体が行った調査によりますと、2013年の時点で、日本は512点。

その調査に参加した48カ国中、40位とかなり振るわない成績です。参考までに、近くのアジアの国も見てみましょう。日本人の観光先として人気の高い台湾は569点、韓国は632点となっています。

ちなみに一番高いのはバングラデシュで895点でした。国によって英語教育の差はありますし、受験者の層も微妙に違うので、一概に比較してはいけませんが、日本人はTOEICが苦手な部分があるようです。

・スコアをあげるにはどうすれば?
では、日本人の平均点がこんなに低い=TOEICで点数を取るのが難しいのはなぜでしょう。それは、日本の英語の教育体制に一つの原因があるでしょう。日本の英語教育は、文法と読解がほとんどで、「話すこと」「聞くこと」にあまり主眼が置かれていませんでした。

TOEICは「リスニング」と「リーディング」の2つからなる試験ですが、日本人は「リスニング」を苦手にする人が本当に多いようです。「書いてあることは読めても、話している内容がなんだかわからない」という経験、あなたにもありませんか?

となると、オススメの方法はやはり「リスニングに強くなること」です。それにはいったい何をすればいいのでしょうか。まず、実践していただきたいのは「英語に耳を慣れさせる」ということです。

実は、TOEICのリスニングの問題で出される内容は、日本語にしたら十分話が理解できるレベルのことです。それを英語で言われるからわからなくなってしまうだけのことです。このことを意識して、問題集などでリスニングに慣れていきましょう。

また、この試験は、120分で200問もの問題を解くという、かなり肉体的にもハードな試験です。当日、ベストな体調で受験できるかそうでないかで、点数が100点近く違うこともあります。

資格試験を受験するときにはどんな試験でもいえることですが、当時はベストの体調で望めるように、前日の勉強はほどほどにして、体を早く休めることを考えましょう。無理は禁物です。

餅は餅屋!スクール選びのコツ教えます

有名なことわざに「餅は餅屋」という言葉があります。これは、「専門的なことは、専門職の人に任せたほうがうまくいく」ということです。さすがに皆さんご存知ですよね。資格の勉強についてもこれはいうことできるのです。

難しい資格に効率的に合格したいと思うなら、断然スクールに通うことをおすすめします。でも、何を基準に選べばいいのでしょうか。そこで、スクール選びのポイントとしてチェックして欲しいことをいくつかあげてみようと思います。

・自分が受験したい資格にあったコースと実績があるかどうか
ある意味、これが一番重要なポイントかもしれません。いくら有名なスクールだったとしても、自分が受験したいと思う資格の受験対策講座がなければ、通う価値はありません。また、そのような受験対策講座があったとしても、開設されて間もない場合、十分な合格実績がないことがあります(資格自体が新しい場合を除く)。

合格実績がたくさんあるから必ず合格できるとは限りませんが、できれば豊富な合格実績があるほうが、受験のノウハウをそれだけ蓄えている、ということになるので、効率的に受験対策ができることが考えられます。

・どんなタイプの講師が在籍しているか
これは法律系や会計系の資格にありがちなのですが、講師には2つのタイプがあります。「講師を専業にしている人」「講師と実務の両方をやっている人」です。たとえば、税理士で言えば、税理士事務所などで非常勤(=パート)として働きながら、専門学校で授業を担当している人がいます。

どちらのタイプの講師が多く在籍しているかで、専門学校のカラーは異なってきます。講師を専業にしている人は、資格を持っていないこともあるので、注意が必要です。ただし、資格の効率的な勉強の仕方など、テクニックには習熟していることが多いのです。

だから、専業だからダメ、とは言い切れません。一方で、実務家も兼ねている人の場合は、実際にその仕事に就いたときのことをイメージさせてくれる発言をしてくれることも多いので、モチベーションの維持に役立ちます。

・使用するテキストはどんな種類か
これも資格と専門学校によって千差万別なのですが、専門学校オリジナルのテキストを使っているか、そうでない市販のテキストを使っているか、という点にも注目したいところです。専門学校オリジナルのテキストは内容が洗練されていることが多いので、試験対策には効率的です。

だからといって、市販のテキストがダメ、ということではありません。「自分の勉強用にもう一冊欲しいな」というときに気軽に手に入れることができるので、その点はポイントが高いです。

・授業料はどのくらいか
専門学校を選ぶときに一番ポイントになるのがここでしょう。安くない買い物であることは確かなので、いくつかの学校のパンフレットを取り寄せて、納得のいく値段の学校を選びたいものです。高ければいいってものでもないので、冷静に考えましょう。

・自分が通いやすい範囲内にあるか
ある意味、これが一番大事なポイントです。せっかくいい専門学校を選んだとしても、自分の職場や自宅から通いにくい場所にあるとき、行くこと事態が億劫になってしまいます1。短期間で終わるならいいですが、そうでないならロケーションをちゃんと考えましょう。

成功者に学べ!合格体験記で自分と似た人を探そう

難関資格になると、「私の●●合格体験記」のように、合格した人の体験談を集めた本が出版されていることがあります。資格の勉強をしようとする人は、手にとったことがあるのではないでしょうか。

合格体験記はただ読むだけじゃつまりません。自分の勉強に生かしてこそ、初めて読んだ意味が出てくるのです。そこで、合格体験記の利用方法についてお話しましょう。

・効果的な勉強方法を知る。
まず、合格体験記で参考にしてほしいのは「合格者の勉強촀をまねすること」です。難関と呼ばれる試験に合格する人は、ほとんどの人が「自分なりの勉強촀」を持っています。すでに自分自身の勉強촀が確立されていて、成果も出ている=成績がそれなりに取れているならいいのです。

しかし、そうでない場合、成功している人=合格した人の勉強촀を真似ることはとても意味があります。合格体験記を読むときは「どんな勉強촀をしているのか」ということについて、しっかりとチェックするつもりで読んでみるといいでしょう。

・スクール選びのヒントにする。
専門学校を選ぶとき、「合格した人がどこの専門学校に行っていたか」というのは大いに参考になる情報です。確率的には、大規模展開している専門学校に行っている人の合格体験記が多くなるのは当然です。

しかし、専門学校は数が多ければいい、ということではありません。合格体験記を読んで、自分に響くものがあれば、その専門学校にコンタクトを取ることを考えましょう。

・自分と似たような境遇にある人の生活パターンを真似する。
当たり前ですが、社会人と学生では生活パターンがまったく違います。また、学生でなくても、受験に専念しているかそうでないかによって生活パターンは違います。自分とあまりに生活パターンが違う人の合格体験記を読んで真似するのはやめましょう。

あまり意味がありません。合格体験記を読んで「自分にはできない」と思うのではなく、「これなら自分にできる」というきっかけ作りをしてください。自分の生活を無理に変えるやり方は考え物です。

・モチベーションの維持に役立てる。
世の中、「本当に頭のいい人」というのはどこにでもいるものです。難関資格でも一発合格してしまうような人ももちろんいます。そういう人の合格体験記を読むと心が折れてしまいそうになるものですが、モチベーションもへったくれもありません。

それはやめましょう。あくまで、「自分と似た人が苦しみながらも合格したんだ」と思えることが、合格体験記を読むメリットでもあるのです。自分お必要以上に卑下することなく、「この人ががんばれたんだから、自分もがんばれるはず」と思って、勉強に励みましょう。

合格体験記は、単行本ではなく、専門学校でも配布しています。通いたいと思っている専門学校があるなら、その専門学校が出版している合格体験記を入手するといいかもしれません。あくまで、「自分の勉強の参考にする」「モチベーションを保つ」ために読みましょう。「自分と比較して落ち込む」のだけはやめたほうがいいです。

「暗記系」と「演習系」に分ける!時間の割り振りの重要性

突然ですが、みなさんは料理をしますか?女性の方だったら、「しています」という人が多いかもしれません。家庭がある場合だと、ご飯に味噌汁におかずを2~3品作ると思うのですが、「ご飯を炊いて、味噌汁を作る。終わったらおかず1を作り、それが終わったらおかず2を作る」という時間の配分方法はしないですよね(している人がいたら申し訳ありません。)。

効率的に作るなら、「ご飯を炊飯器にセット→同時並行でおかずと味噌汁を作る」という時間の割り振りをすると思います。前置きが長くなりましたが、勉強においても、この「時間配分」は大切になってきます。それでは、効率的な時間配分についてお話しましょう。

・「自分はこれをやるとどれぐらいの時間がかかるのか」ということを把握する。
まず、時間配分をするにあたって必要なことは、「自分は何をするとどれだけ時間がかかるか」ということを把握することです。

たとえば、問題集があるとします。その問題集をとく場合、「自分は15分で1ページ解ける」というように、時間を測るのです。時間を測るにはストップウォッチやスマートフォンのアプリを使うといいでしょう。

資格の勉強は、テキストなどで知識を覚える「暗記系」と問題演習を行う「演習系」に大きく分けられると思います。そのどちらについても、まずは時間を測ってみることを大切にしましょう。

・自分の日々の生活で、「どのタイミングでどれだけ勉強に時間を割けるか」ということおを把握する。

「自分は何をするのにどれだけ時間がかかるのか」というとがわかったら、次は自分の生活でどれだけ勉強に当てる時間があるか、ということを真剣に考えてみましょう。ここで注意したいのは、「勉強できる時間≠机に向かう時間」ではないということです。

勉強自体は机に向かわなくてもできます。通勤電車の中や、人との待ち合わせの時間、会社の休憩時間、お風呂の中など、案外勉強につぎ込むことができる時間はあります。ただし、後でも述べますが、一部の勉強は机に向かわないとできないので、注意が必要です。

・その時間配分を元に「暗記系」か「演習系」か、どちらの勉強をするか決める。
時間配分がわかったら、「その時間をどう過ごすか」ということを決めましょう。資格の勉強を始めると、最初はテキストの内容を覚える「暗記系」の勉強が主体になると思います。

細切れになった時間を有効活用して、テキストを読み込みましょう。そして、週に1度は「演習系」の勉強をする時間を取って、自分が覚えたことが身についているかチェックしましょう。

逆に、勉強が進み、試験が近くなってきたら、「演習系」の勉強にシフトしてください。細切れの時間でも、問題を解くことはできます。総合問題は無理かもしれませんが、一問一答形式なら十分に可能です。

「この時間も勉強できる!」というタイミングがいつ訪れてもいいように、最低限の勉強道具はバッグに忍ばせておきましょう。スマホのアプリもオススメですよ。